映画でモテる問答集!

2014年03月04日

第21回「シネマが俺にフォーエバー輝けと囁いている」

遂に、終わりの始まりだ。

どうも、こんにちは。
オノセタイチロウ★ミ(シューティングスターと読みます)です。

遂に来ましたね。
連載開始1周年。
そして、最後の日が…。

ここのところ「寒いから家にこもってたいよ!」という理由でDVD作品ばかりの紹介でしたが、暖かくなってきましたしね。
そして、これが最後だからね。今回はちゃんと、新作映画をご紹介しますよ!

終わりの方で色々書くから、もうさっさと行くよ!
この1年、気になるあの子をゲットできなかったおまえ!
このラストチャンスをモノにしろよ!
これが、伊達ワルシネマライター・オノセタイチロウ★ミ(シューティングスターと読みます。)が最後におまえらに贈る、映画でモテる問答集だ!

※「映画でモテる問答集!〜シネマが俺に輝けと囁いている〜」とは―
モテない君たちのために、伊達ワルギャル男シネマライター・オノセさんが映画デートの際に彼女が聞いてきそうな作品に対する質問をまとめ、一問一答の想定問答集とした(たぶん)映画業界初のHow to モテ記事です。
これで映画デートは完璧だ!がんばれチェリーボーイズ!
たまに趣味に走るけど、勘弁な!





そんなこんなで今回は『キック・アス/ジャスティス・フォーエバー』です!

0304_01.jpg
原題:『Kick-Ass 2』
製作:2013年 アメリカ・イギリス
監督:ジェフ・ワドロウ(『ネバー・バックダウン』)
出演:アーロン・テイラー=ジョンソン(『ノーウェアボーイ ひとりぼっちのあいつ』)、クロエ・グレース・モレッツ(『(500)日のサマー』)、クリストファー・ミンツ=プラッセ(『スーパーバッド 童貞ウォーズ』)、ジム・キャリー(『マスク』)
配給:東宝東和
映倫区分:R15+
上映時間:103分


*** 2/22(土)より全国ロードショー ***

『キック・アス ジャスティス・フォーエバー』大ヒット上映中!

予告編はこちら


※1つの動画で映画『キック・アス』シリーズの予習・復習をしたい欲張りちゃんはこっちの動画を観るんだ!


あらすじ




0304_02.jpg
超ダサヒーロー“キック・アス”、再び!





これが、最後の問答集だ。

問)これって、何かの続編なの?
答)『キック・アス』の続編だっ!

補足:この項では、前作『キック・アス』の振り返りを書いています。「そんなの覚えてるやい!」という方は、気にせずお飛ばし下さい。

2010年、最初はそんなに注目されていなかったものの、カルト的な人気を集め“4館から70館”まで公開館数を広げた、1本の映画がありました。
『スパイダー・マン』『アイアンマン』などで有名な出版社“マーブルコミックス”の同名アメコミを、地味にブラピが実写映画としてプロデュースし、ニコラス・ケイジまで出演したその作品の名は




0304_03.jpg
『キック・アス』!!!!!



アメコミオタクの高校生・デイヴは今日もオタク友達と一緒に仲良くカツアゲをされた。
デイヴは思った。
「コミックの中だとコスチュームに身を包んだスーパーヒーローが助けてくれるのに、なぜ現実にヒーローはいないんだ?」
「みんな悪事を見て見ぬフリばかり。だったらぼくがヒーローになって街の平和を守ってやるんだ!」
と。

そして―
Amazonでコスチュームを買った。
もちろん、恥ずかしいから家族や友人にはナイショである。




0304_04.jpg
これが、ダサヒーロー“キック・アス”の誕生秘話だ。



デイヴ=キック・アスは、体力も知力も財力もない。
見た目は“緑のコンドーム”と揶揄されるほどダサい。
しかし、コミックとイジメを通して学んだ、正義を愛する気持ちだけは強かった。

困っている人を救うため、日課のコスプレパトロールをしていたある日、ギャングたちのリンチ現場に遭遇。
ボコボコにされていた1人のギャングを助けるために割って入るが、自分もボコボコにされる。
しかし、いくら殴られようと庇い続け、粘りのお蔭で警察が到着し、暴行を加えていたギャングたちは逃走。1人の命を救った。




0304_05.jpg
「誰かが困っていても、誰もが傍観者。ぼくはそれが許せない!だからぼくは戦う!」



その現場はケータイの動画で撮られていて、しかもYOUTUBEにアップされた。
どう見ても弱そうな変なコスプレ男がギャングたちを退けたその動画は、あっという間に話題になり、キック・アスは一躍に有名人に。

調子に乗ったデイヴは、好きなクラスメイトの女子がヤク中のギャングに迷惑をかけられているという話を聞き、正義の心と下心で嫌がらせを止めてあげようと決意。
相手の住処に乗り込んだはいいものの、今度はボコボコどころか殺されそうになったそのとき…




0304_06.jpg
彼女が現れた。



突如現れ、自分を取り囲んでいたギャングたちを嬉々として薙刀で切り刻んで殺していく、ヒーロー姿の少女“ヒット・ガール”。
彼女は、実の父“ビッグ・ダディ”からゲームのように人殺しを仕込まれて育ってきた純粋な殺人マシンだった。




0304_07.jpg
彼女たちの目的は、亡き母であり妻の仇であるマフィアのボスを殺すこと。



「ちょ、待てよ!」状態のキック・アス。
そりゃそうですよ。
ここまで、イジメられっ子のオタクがダサいながらもヒーローとして立ち上がる、いい感じの笑って泣けるコメディ路線だったのに、いきなり『キル・ビル』ばりのバイオレンス。

デイヴには、ヒーローらしい特殊な能力も無ければ、ヒーローらしい壮絶な過去もない。
ただ過ぎていくだけの日々と、悪が見過ごされていることに我慢できずに立ち上がった、ただのコスプレ男。
やれることと言えば迷いネコ探しや、そこら辺の不良たちの悪さを止めるくらい。




0304_08.jpg
だって、ただのコスプレしたオタク高校生だもの。



なのに、自分が殺されかかったヤク中は、彼女らが狙うマフィア“ダミーコファミリー”の一員だったということで、出会ってしまった。
特殊な能力と、壮絶な過去を持つ、特別な存在に。

その日からデイヴの人生は更に一転。
これまで散々マフィアたちを攻撃していたヒット・ガールとビッグ・ダディ。
「ヒーロー姿の奴がウチのファミリーにちょっかいをかけているらしい」というところから、誤解なのに有名人であるキック・アスが疑われ、マフィアから命を狙われることに。
完全にとばっちりです。
そして物語はキック・アス、ヒット・ガール、ビッグ・ダディに加え




0304_09.jpg
マフィアのボスの息子(オタク)であるヒーロー“レッド・ミスト”



までもが登場し、加速度的に戦いは激しさを増していくのであった―。




0304_10.jpg



と、長くなってしまいましたが、これが前作『キック・アス』のざっとしたあらすじです。

「ダサいヒーローとメッチャ可愛い女の子が、カッコいい音楽に合わせて暴れまくる!」
と、誰も観たことがないこの斬新なヒーロー映画は、映画ファン、アメコミファン、ロリコン…と、様々な層に支持され口コミで大ヒット。




0304_11.jpg
ヒット・ガール役のクロエ・グレース・モレッツちゃんは、本作で一躍スターダムに。



そして4年経ち、ようやく公開されたシリーズ2作目が今回の『キック・アス/ジャスティス・フォーエバー』。
ちなみにこの映画版『キック・アス』シリーズは全3作になると公式に発表されております。

余談ですが…ニコラス・ケイジ氏。
ものすごいアメコミ好きらしく、比較的低予算だった今作にも参加しています。

で、実は昔、氏を主演に『スーパーマン』をリメイクしようという企画があったらしいんですよ。(※昨年公開した『マン・オブ・スティール』とは別物の企画。)
ところがねぇ…




0304_12.jpg
衣装着せてみたら、ただの“全身タイツのハゲたおっさん”にしか見えなかった



という理由で頓挫してしまったという逸話がありまして(本当かどうか知らないですよ!)。
ヒーローになりたくてもなれない欠点を持った男、ニコラス・ケイジ。
やっとなれたヒーローは




0304_13.jpg
変身したら頭髪が出なくなる『ゴーストライダー』(2007)。



そんな氏がゴーストライダーの次に変身したヒーローは、『キック・アス』(2010)のビッグ・ダディ。
“特殊能力がなくても、正義を愛する心が人をヒーローにする”の『キック・アス』で、毛髪がなくても、アメコミを愛する心でヒーローになれた…。
なんか、ドラマチックですよね。










問)で、今回の『キック・アス/ジャスティス・フォーエバー』はどんな話なの?
答)改めて説明しよう!

補足:街に巣食うマフィア、“ダミーコファミリー”との死闘から数年…。
いまだにキック・アスの影響は強く、街には数多くの夜回りコスプレヒーローが誕生。
しかし、当の本人であるキック・アスことデイヴと、ヒット・ガールことミンディは平凡な学生生活を送っていた。

そんなある日、デイヴは自分の将来に悩み、「やっぱヒーローとして市民の平和を守ろ!」と決意。ミンディを誘いヒーローチームを立ち上げようとするが、彼女は彼女で普通の女の子になろうと頑張っており、話に乗ってもらえず。




0304_14.jpg



途方にくれるデイヴだったが、インターネットを通じて知り合ったヒーローから「ヒーロー軍団を創設した人がいる」と知り、接触を図る。

そうして出会ったのが、それぞれに暗い過去を持ちながらも、自らが正義となり弱者を助けようと立ち上がったヒーローたちのチーム“ジャスティス・フォーエバー”と、チームのリーダーである“スターズ・アンド・ストライプス大佐”。

デイヴは再びキック・アスとして、彼らと共に、貧しい人々への炊き出しや売春組織から女の子を救出したりと、ヒーロー活動を行っていく。




0304_15.jpg



同じ頃…
数年前の戦いで、マフィアファミリーのボスであった父を失い、ヒーローの衣装を母親に捨てられたレッド・ミストは、悪者“マザー・ファッカー”として復讐のために立ち上がり、悪党軍団を結成しようとしていた。




0304_16.jpg



“正義の軍団”と“悪の軍団”があれば、ぶつかり合うのは必然のこと。
街は再び、戦いの舞台へ―。

キック・アス、ヒット・ガール、レッド・ミスト改めマザー・ファッカーの3人に、スターズ・アンド・ストライプス大佐や、ジャスティス・フォーエバーなど新たに濃いキャラたちが参戦だ!
今回の戦いは一体どうなる!?




0304_17.jpg
ていうか、相変わらずキック・アスのスーツだっせーなー!!!











問)今回はどんなヒーローたちが出てくるの?
答)紹介するけど、大半がダサいよ!

補足:




0304_18.jpg
キック・アス

本シリーズの主人公。ダサい。
前作はすげー弱かったけど、今作はちょっと強くなりました。でもダサい。

ちなみにキック・アス役のアーロン・テイラー=ジョンソンくん、同じマーベルコミックスのヒーローたちが活躍する『アベンジャーズ』シリーズの最新作『The Avengers: Age Of Ultron(原題)』でクイックシルバーという別のヒーローを演じることが決まっています。
権利的に映画の権利的にキック・アスが『アベンジャーズ』に出るのはほぼ不可能だったのですが、これでもう完全に絶望的に…。




0304_19.jpg
ヒット・ガール(クロエ・グレース・モレッツ)

本シリーズ1の人気者!
今作では普通の女の子になろうと頑張るが…
でも、ちゃんとヒット・ガールとして大暴れもするのでご安心を!

前作公開時、「超美少女が超汚い言葉を巻き散らしながら超殺しまくる!」ということで超話題になり、中の人クロエちゃんは一躍若手女優No.1に!




0304_20.jpg
スターズ・アンド・ストライプス大佐

キック・アスに心を打たれてヒーローとして立ち上がり、正義の軍団“ジャスティス・フォーエバー”を創立した元マフィア。

これまたベッタベタなダサネームのキャラですが、演じるのはあの大御所、ジム・キャリー!
ジム・キャリーさん、元々作品ファンだったようで自ら衣装を用意して今回参加したという力の入れようです!




0304_21.jpg
ナイト・ビッチ

名前も見た目もまるで悪役。
しかし実態は、姉が殺されたことをきっかけに悪と戦うことを決意した“ジャスティス・フォーエバー”のヒーロー。
にしても、ひっでえ名前!




0304_22.jpg
ドクター・グラビティー

昼は物理学者、夜は重力を自在に扱うヒーロー…
という設定で日夜夜回りをするコピーライター。
キック・アスとインターネットを通じて知り合い、“ジャスティス・フォーエバー”を紹介する。




0304_23.jpg
インセクトマン

ゲイということでずっと迫害を受けてきて、弱者の力になるために立ち上がった“ジャスティス・フォーエバー”所属のヒーロー。
「自分自身を隠す必要はない!」という信念から、唯一マスクをつけていない。
その心意気、カッコいいじゃないすか!




0304_24.jpg
リメンバー・トミー(トミーズダッド&トミーズマム)

ただ一人の息子トミーが行方不明になり、手がかりを探すためにヒーローになったトミーのパパとママ。
衣装は、息子の顔写真がプリントされたTシャツ…と、↑の写真とは裏腹に非常に辛い胸中の夫妻。
このユニットも“ジャスティス・フォーエバー”所属。




0304_25.jpg
バトル・ガイ

“ジャスティス・フォーエバー”所属。
どっかで見たことがあるヤツ。
「オペラの鑑賞帰りに両親を殺されたからヒーローになった」と、その過去もどっかで聞いたことがある話。




0304_26.jpg
マザー・ファッカー

前作で「マフィアのボスであり、敬愛している父の役に立ちたい」そして「キック・アスと友達になりたい」という気持ちからヒーローになったレッド・ミスト。
しかし、前作の戦いで父を失い、母にレッド・ミストの衣装を捨てられた彼は、復讐のために悪党軍団のリーダー、マザー・ファッカーとして復活した。
その新たな姿は、どことなくゼブラーマンを彷彿とさせる。




0304_27.jpg
マザー・ロシア

マザー・ファッカー率いる悪党軍団に所属。
元KGBのボディビルダーで、神取忍似の、史上最凶のレズビアン!
他とは一線を画す殺人テクを持ち、その極悪非道っぷりはシリーズ最強!
本当にね、この人だけ別映画だよマジで。




0304_28.jpg
ブラック・デス

マザー・ファッカーが体を鍛えるために用意したスパーリングパートナー…
だったのだが、強くて歯が立たず逆ギレしたマザー・ファッカーが「俺の武器は拳じゃなくて金だ!」と札束を叩きつけ、悪者軍団に買収。
名前の由来は、黒人だから。さすがマザー・ファッカー。人種差別的発言も厭わない。




0304_29.jpg
ザ・トゥーマー(腫瘍)

悪党軍団162センチという小柄ながらキレるとヤバいサイコ野郎。
『トレインスポッティング』のベグビーばりにキレる。
チャームポイントはゴミ袋みたいなコスチュームと、陰毛のようなヒゲ。




0304_30.jpg
チンギス・半殺し

雇い主を探していたところをマザー・ファッカーに雇われた中国人の殺し屋。
しかし、名前も格好もモンゴル風である。
オノセ的、今作のベストネーミング賞。




0304_31.jpg
アス・キッカー

見た目も名前もキック・アスに似ている。
敵かな?味方かな?
すべては謎に包まれている。



ちなみに、↑はみんな映画の中の登場人物ですが、実際にこういうヒーローのコスチュームを身にまとった自警団はいます。


※英語です。


そして、こちらも英語なのですが「世界スーパーヒーロー登録所」なるサイトもあります。
日本ではこういったコスプレヒーロー自警団って全然いないので、やってみたい方は是非登録して活動してみてはいかがでしょうか?
でも、自己責任でね!何らかの理由で捕まってもぼくは知らないよ!










問)さっきからちょいちょい「殺す」とか物騒な言葉出てるけど、もしかして過激?
答)結構、過激なシーンあります!

補足:実は、そもそも原作であるアメコミがかなり過激で血みどろな感じです。




0304_32.jpg
表紙からなんとなく察して頂けると思います。



原作ほどではなくても、映画版『キック・アス』シリーズも結構過激なシーンはあります。
だからこそ第一作目である前作で、最初ダサヒーローものかと思いきや美少女ヒーローが過激な殺戮シーンを繰り広げ衝撃があったのですが…苦手な方は心の準備を!

そういった部分において、本作は15禁での公開なのですが…
まあ、そこに関しては当連載に15歳未満の読者様はまずいないと思うので大丈夫でしょう。

だが!
もしも、15歳未満でこの連載を読んでいる少年少女が万が一いるとしたら…
これがお兄さんからの最後の忠告だ。
人生を考え直すんだ。こんなアホな記事よりも、サンケイビズとか読んだ方が絶対にいいぞ!




0304_33.jpg
15歳未満って、クロエちゃんでいうと大体前作くらいの年齢の若さだからね!



ちなみにこの過激な描写については、御大ジム・キャリーとちょっとしたトラブルが起きたりもしました。
長くなるのでここでは取り上げませんが、興味ある人は「キック・アス2 暴力描写」とかでぐぐると出てくるんで勝手に調べてなさいよ!!!










問)ねえ…本当に、これでもう終わりなの?
答)ああ、これで…お別れだ。




0304_34.jpg



補足:前回お知らせしたとおり、当連載は今回をもって無期限の休載となります。
最後なんで、少しばかりぼくの話にお付き合いをお願いします。“あとがき”みたいなものです。

ちょうど1年前、ピコカルに流れ星の如くいきなり現れた謎のギャル男。
音楽活動をされている執筆陣が多い中、音楽もやっておらず、それどころか単なるフリーター
しかも連載内容は、何故か映画記事。

当時のぼくは、年間400〜450本くらい映画を観ていて、映画宣伝の専門学校に通い、そして卒業を控えていた状態。
でも色々思うことがあり、特に宣伝会社に就職活動もせず「あー、これからどうすっかなー」というときに、この連載が決まりました。

映画宣伝の道には進みませんでしたが、面白い映画を色々な人に紹介したいという気持ちはありました。
そこで、自分なりに「こうしたら、映画あんまり観ない人でも、なんとなく感覚的に楽しんで読んでもらえるんじゃないかな?」と形になったのが、この「映画でモテる問答集」でした。




0304_35.jpg
あずにゃんペロペロ、とかやったのももう1年前か…。



この1年、のんびりとアホ映画コラムを書いている内に、なんと映画を中心としたエンタメ情報サイトの編集の仕事が決まりました。
映画好きの人は知っているかもしれない「クランクイン!」というサイト。
やりたい道に進めるのは本当に嬉しいけど、ただし契約で「他媒体で、弊社の人間だとわかるような顔出しや個人の特定が出来る連載は控えて欲しい」ということに。

これが、当連載が無期限休載をする理由です。
今まで読んで下さった方々、本当にありがとうございます。
たまにFacebookなどで「いつも楽しく読んでいます。モテるかどうかはおいといて(笑)」といったメッセージを頂くたび、「あー、バカな映画コラムだけどやっててよかったなー!」と思いました。モテるかどうかはおいといて。

映画コラムずっと書いておいてなんですが…
正直、別に映画好きになんなくてもいいと思うんですよ。高いし、時間も拘束されるし。




0304_36.jpg
長いんで、とりあえずクロエちゃんの可愛い画像はさみますね。



ぼくは、フットサルやロッキンオンやパズドラではなく、たまたま、なんか映画が好きになっただけの人間です。
好きな服着て、好きなことしてたら「チャラそうなのに映画好きなの!?」とか言われるようになっただけの人間です。
この世界、ぶっちゃけ映画以外にも面白いことなんていっぱいあります。

でも、映画も実は面白いんですよ。
金曜日、仕事で疲れて、ふと映画観たいと思ってビール飲みながら大笑いして、
「今週も俺、がんばったなー!」ってリフレッシュできたら、それだけでもいいと思うんです。
別に長い人生が変わらなくても、広い世界が変わらなくても、疲れた金曜日が少し幸せに変わるだけで。

この連載なんて大した影響力はないでしょうが、ふと「あ、気晴らしに映画でも観るかな」って、帰り道にお酒を買うのと一緒にDVD借りるようになったり、もっと映画が、ビールくらいあなたの身近になってもらえれば…と思います。





と、もうだいぶ長々と書いてしまったので、そろそろ〆る方向で。
当連載は、これをもって一旦終了とさせて頂きます。

ですが!
「顔出しなどの個人情報がはっきりしている執筆は控えろ」という契約ですんでね。
ひょっこり別名義で別企画を引っ提げて戻ってくるか、しばらく経ってひっそり復活するかもしれません(笑)
それとは別で、3月末に行われるピコカルイベント「熱気あふれる若者たちの殿堂」に、伊達ワルシネマDJ(笑)として出演しますので、よろしければ遊びに来てやってください。



さて、そろそろお別れの時間ですね。
1年間という短い期間でしたが、シネ俺(ついさっき考えた略称)にお付き合い頂き本当にありがとうございました。

ぼく自身は、名前は載っていませんが「クランクイン!」というサイトで編集部の人間として日々、映画記事や「オジサンにつきまとったカエル、通報される!」なんて世界おバカニュースなどを書いたりしていますので、よろしければそちらも覗いてみてやってください。
ということで

シネ俺・フォーエバー!!!
アバヨ!!!




0304_37.jpg
俺はまだ登り始めたばかりなんだからな…この果てしなく続く、シネマ坂をよ!











問)オノセさん、1年間「映画でモテる問答集」やって、彼女できたんですか?
答)全然できませんでした!




0304_38.jpg





告知

2014年3月21日(金・祝)
ピコカルプレゼンツ「熱気あふれる若者たちの殿堂」
高円寺 スタジオドム

開催時間 / 18:30〜23:00
当日料金 / 1,000円(飲み物持ち込み自由)
    BBQは食べ放題で1,000円
    缶べキューは時価

ピコピコでカルチャーなジャパンのWebマガジン「ピコピコカルチャージャパン」のイベントがついに開催!
ピコカルメンバーとステキなゲストでナイスなイベントになっています。

ゲスト /
 FQTQ
 HOTELスカイラブ
 ヤマサキミチオ
 イアン

DJ /
 オノセタイチロウ
 タナカマコト
 ディスク百合おん
 パリッコ
 チミドロDJ(チミドロ鈴木&花井)

Food /
 BBQ(1,000円食べ放題)
 チミドロ鈴木の缶べキュー
 ※BBQは食材および炭が無くなり次第終了します
 ※缶べキューは時価になります

物販 /
 パリッコ「大衆酒場ベスト1000(2)」、「クラブDJストーム(1)」
 タナカマコト「BOARD GAME GUIDE 500」
 ディスク百合おん「缶バッチ」

また、スタジオドムでお馴染みになっている屋上BBQも用意!
なんと1,000円で食べ放題となっています。
同時にチミドロ鈴木は伝説の缶べキューでも参戦!
また飲み物は持ち込み自由となっていますので好きなだけ飲んで貪り食って下さい!

※BBQは食材および炭が無くなり次第終了します
※缶べキューは時価になります

ピコカルプレゼンツ「熱気あふれる若者たちの殿堂」



posted by オノセタイチロウ★ミ at 11:31| Comment(0) | 第1回〜第25回
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。